【病気克服の極意】下肢静脈瘤や心筋梗塞は約20%が死亡する恐ろしい病気

ナース

危険因子と予防

病棟

脳梗塞は様々なものが原因で発症することが明らかになっています。特に、生活習慣病は代表的な危険因子と言えます。です。様々ある危険因子が重なることで発症する可能性が高まります。いずれの因子もできるだけ早期から適切に対処することで、より高い予防効果が期待できます。

View Detail

高血圧を改善する意義

案内

三大疾病の1つ

急性心筋梗塞は、日本人の三大疾病に数えられる恐ろしい病気です。心筋梗塞は心臓に届くはずの血液が途絶えてしまい、心臓の細胞・組織が壊死してしまう病気です。そのうち、発症1ヶ月以内のものを急性心筋梗塞と呼びます。死亡率は非常に高く、発症すると約20%の人が命を落としてしまいます。また、死に至らなくても、不整脈や心不全といった後遺症が残ってしまう傾向にあります。心筋梗塞は、年齢を重ねるごとに発症率が高くなります。その理由は発症原因が、動脈硬化だからです。動脈硬化は血管を狭くし、同時に血管に詰まりやすい血栓ができやすい状況にします。従って、血管が閉塞しやすいのです。そして、動脈硬化は加齢とともに進行します。高齢者、及び、その家族は心筋梗塞を身近な病気だと心得、注意すべきです。

発症させないことは可能

心筋梗塞は前触れなく、突然発症する病気です。しかし、実際には動脈硬化が原因ですので、突然発症しているわけではないのです。そして、突然発症する病気ではないということは、予防可能な病気だということでもあります。ただ、動脈硬化は自覚症状がなく進行します。ならば予防は不可能だと思うかもしれませんが、そんなことはないのです。動脈硬化の進行を速めるのが、高血圧です。ですから、高血圧の改善が動脈硬化の予防、ひいては心筋梗塞の予防となるのです。心筋梗塞は高齢者に多いと前述しましたが、高血圧の場合、発症年齢は下がります。実際、若くして心筋梗塞を発症して命を落としてしまう人も多くいます。ですから、日頃より血圧の数値は気にしておくべきです。また、下肢静脈瘤も注意しなければならない病気の一つになります。心筋梗塞などのように命に関わる病気ではないものの、治療せずに放置しておけば症状は悪化する一方です。下肢静脈瘤の症状として血管が浮き上がる点が挙げられ、立ち仕事をしている人がなりやすいです。また、妊婦にも発症しやすい病気となっているので、少しでも違和感があれば病院で治療してもらうようにしましょう。

血糖値でおこる病気

看護師

血糖値に関係のある病気には糖尿病があります。その特徴としては、血糖値が上がる症状と悪化してくると合併症が引き起こされるという事です。また、糖尿病の危機意識は高まっていますので、予防というのは人気があります。

View Detail

胆のうに発生するがん

笑顔のナース

胆のうがんは高齢者や胆石を持っている人、膵胆管合流異常がある人に発症しやすいとされています。胆石は女性に多いので胆のうがんは女性に多くみられます。治療は早期発見なら手術による摘出で済みます。早期発見するには定期的な健康診断や腹部超音波検査が必要となります。

View Detail